〒699-1232 島根県雲南市大東町仁和寺183-4
(加茂郵便局から玉造方面に2km)

営業日・営業時間
営業時間:9:00~20:00
営業日:月、水、金、(日)
(その他は松江店にて営業)
予約優先・駐車場有

病的腰痛

雲南市のヘルニア改善

病的腰痛とは

椎間板ヘルニア

病的腰痛とは腰椎に何らかの問題が生じて起こっている腰痛です

痛みが強く、時には足に痺れが生じます

施術に来るより先に医療機関での科学的検査をしていただくようお願いいたします

検査の結果により、施術計画を立てます

椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、体内のものが本来あるべき場所から脱出・突出した状態を指します

そして椎間板ヘルニアは背骨の間の椎間板の中にある「髄核」と言われる液体が、椎間板を破って出てきてしまった状態です

椎間板ヘルニアから神経症状が出ているとされる場合、通常、「それによって神経が圧迫され、そこが支点となって神経が牽引されることから、様々な神経症状が出て来る」と説明されます

変形性脊椎症

椎間板は、加齢により徐々に水分を失って薄くつぶれていきます

クッションを失った椎骨同士はぶつかって磨耗し、骨棘というトゲができることがあります。背骨は不安定になって周りの筋肉や神経に負担が増し、腰痛が起こります

脊椎分離症

10代に多く、激しいスポーツなどを続けたときに、椎骨の後方の突起が骨折してしまうことをいいます

スポーツを中止しコルセットで固定することで、骨が癒合することもありますが、そうでない場合でも、背骨は強い靭帯に守られている為、日常生活には支障がないことも多いです

ただし背骨は不安定になるので腰痛は起こりやすくなります

脊椎すべり症

脊椎分離症や、椎間板が薄くなることによって、椎骨が前方にすべることをいいます

すべりの原因や程度、症状によって、手術が必要な場合と、保存療法が適した場合があります

脊柱管狭窄症

変形性脊椎症やすべり症などによって、椎骨の中の脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなり、脊髄を圧迫することで起こります

歩いているうちに腰や足が痛んだりしびれたりして歩けなくなり、しゃがんで休むとまた歩けるようになる、間欠跛行がおこります

病的腰痛を改善するには

残念ながら、手技で直接からだの中で起こっている原因に対し手を加えることは出来ません

これまでヘルニアや狭窄症が改善したといったキャチコピーの手技を何種類も見てきましたが、根本改善までさせる手技には残念ながら出会えていません

重度な症状については、当院では医療機関をお勧めいたします(他店のように何時までも引っ張って長引かせるようなことは致しません)

しかし背骨に問題があるからといって、それだけが必ずしも腰痛の原因だとは限りませんし、同時に筋肉の緊張が見られる場合も多いため、筋肉を緩めることで症状が改善することはよくあります

姿勢や生活習慣のアドバイスに加え、動くことで痛くなる場合は、痛くならない動き方も一緒に考えていきます

 

院の施術が少しでも病的腰痛でお悩みの方の為にお役に立てましたら幸いです