〒699-1232 島根県雲南市大東町仁和寺183-4
(加茂郵便局から玉造方面に2km)

営業日・営業時間
営業時間:9:00~20:00
営業日:月、水、金、(日)
(その他は松江店にて営業)
予約優先・駐車場有

保険適応について

保険適応について

まず、当院では保険の適応はできません。

よく「保険は使えますか?」と問い合わせがありますが、「保険診療を受けたいのであれば、病院か整骨院で受けれます」しかしもう少し詳しく説明しますと保険で施術を受けていたけど、思うような結果を得られず、当院を訪れる方も結構いらっしゃいます。

内容が同じなら、確かに保険が使える方が断然お得ですが、一回の金額は安くても、何か月も何年も通っても一向に改善の兆しが見えいことも多く、結局時間とお金はかかったけど、リターンがなかったとおっしゃる方も多いです。

また、後程説明しますが、そもそも保健が使えるのは事故やケガの治療であって、生活習慣による肩こりや腰痛には使えません。それは法律で定められています

保険が適応されるのは

まずは、保険が使えるのかどうかです。

基本的には、整形外科などの病院はもちろん、整骨院、接骨院、はりきゅう、マッサージは保険が使えます。ただし、保険が使えるのは以下のようなときです。

整骨院・接骨院の場合

骨折、脱臼、打撲、ねんざ、挫傷(肉離れなど、運動やスポーツで関節や筋肉が損傷した場合)骨折・脱臼は応急手当を除いて、医師の同意が必要。

はりきゅう・マッサージの場合

はりきゅう:神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎ねんざ後遺症など

マッサージ:筋麻痺、関節拘縮など

ただし、はりきゅう・マッサージともに原則として主治医の同意書が必要。(※ここでいうマッサージとはクイックマッサージ等とは違います。)

簡単に言うと、ケガをしたり、事故にあったりした場合の治療は保険が使えます。骨折などの疑いがある場合は、できるだけ速やかに整形外科に行ってください。

はりきゅう・マッサージは原則、主治医の同意書が必要なため、かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。

違法行為・不正請求の温床。ケガ以外の保険診療

法律的には上記の通り、ケガなどでないものには保険は適応されません

「あれ?私が行ってた整骨院では使えたよ。別にケガじゃなく、肩こりや腰痛で行ってたけど・・・」

実は結構、こういった声は聞きます。

それは、本来は保険が使えないものを、保険が使えるように書類等が改ざんされていま(お客様側からすれば安く受けれてお得ですが)

このようなケースは以前多数ありました

保険適応外の症状を、書き換えたり、日常生活の疲れからくる腰痛を、「スポーツ中に痛めた」ことにしたり・・・

こういった改ざんや不正請求が、一部の整骨院や接骨院で問題になり、2012年に、法律的にも以前よりは厳しくなりました。

もちろん、全ての整骨院・接骨院が不正請求をしているとは言いません。

きちんと法律を守り、正しく行っている方はいますし、そういった方には失礼になるかもしれません。

ですが、まだまだグレーゾーンを拡大解釈したり、改ざんしたりなど、不正に保険診療をしているところがあるのも現実です

保険診療と自費診療との違い

さて、法律的なことは上記の通りですが、「でも今まで保険でうけてたしなぁ・・・」「安いから保険の方がいいのでは・・・」そう思うかも知れません。

ここでは、法律的なことは差し置いて、「保険と自費ではどう違うのか?」を述べて行きます。

保険診療を受けていて、それに満足しているなら、それはそれで良いことなので続けてください

反対に、何度も通っているけど、あまり改善の兆しがないとか、対応に不満があるとか、何かしらフラストレーションがあるのなら、一度、保険から離れて検討するのも良いと思います。

保険診療のメリイト・デメリット

メリット

安く施術がうけられる

施術者が国家資格を持っている

デメリット

施術・治療内容に制限があるため、ある程度決まったことしかできません(一人一人をしっかり診て、本質的な改善をするにはなかなか至りません。どうしても、その場しのぎ・流れ作業になっていまいます。)

内容も、ちょっとしたマッサージはするかもしれませんが、機械に頼ったり、一人一人の姿勢のクセだとか、細かい筋肉の固さ、関節の動き、骨盤や背骨の状態など細部を診て調整まではできません。

結果として「安いけど、細かいところまでの施術」は行われていません

自費診療のメリット・デメリット

メリット

内容や効果などは、質が高いと言えます。(もちろん、色々な整体・カイロプラクティックなどあるので、全てがとは言いません)

すべてがそうとは言えませんが、一人一人にしっかり話を聞き、本質的な原因を見つけ、その場しのぎでなく、楽な状態が続くよう、真剣にしっかり対応していきます。

保険診療のような、決められた事を流れ作業的にやるのではなく、一人一人に適した、いわば「オーダーメード」の施術ができるのが強みと言えます。

法律的にも、いわゆる医療行為でなければ、ある程度自由に施術ができます。

デメリット

保険と比べれば、一回一回の料金は高くなります。

また、店にもよりますが、予約が取りにくいケースもあるので、好きな時にすぐに受けたい方には合わないかもしれません。

まとめると、自費でやっている院の方が技術や知識の向上の意欲が強く、結果、お客様の満足度も高くなりやすいです。もちろん、なかには技術や経験・知識に乏しい院もあるでしょう。

整骨院・接骨院の現状

保険が使える整骨院や接骨院で、敢えて自費のメニューを加えてる院も増えてるのをご存知でしょうか。

保険とは別に、例えばマッサージ303000円とか、骨盤矯正1000円といった具合にです。

それ自体は、お客様のプラスになるのなら良いことだとは思いますが、それには、保険適応の法律が厳しくなったことと、整骨院・接骨院の増加により、保険だけでは経営が厳しいという背景があります。

なかには、整骨院・接骨院でありながら、保険診療をせず、自費だけの院もあります。

いろいろな技術セミナーをされている方たちの中に整骨院、接骨院でありながら、完全自費で絶大な施術効果を上げ、お客様からも高い信頼を得ている方もいらっしゃいます

まとめ

色々と述べてきましたが、まとめますと

①保険診療は、本来事故やケガなどに適応されるものであって、それ以外の、日常生活の疲労による肩こりや腰痛などには適応されません

保険が使えたとしたら、違法行為であり、不正請求である。(以前より法律的に厳しくなりましたが、現状まだまだあります)

②一旦法律的なことは置いておいて、仮に適応外の症状で保険診療を受けるとした場合、施術内容も、決まったことしかできないため、流れ作業的になりやすいので、根本的な改善にはならないケースもあります(※一般的なケースであり、全てに当てはまるのではありません)

実際は施術者側とお客様側のやり取りなので、法律的なことで私が何かするわけでも、できるわけでもありません。「違法だからうちに来て」と言う気もありません。

ただ、法律で定められている以上、皆様にも知識をもっておいてほしいと思い、色々と述べてきました。

また、もし今保険診療を受けているけど思うように改善しないのなら、選択肢の一つとして、自費の整体もあるよと伝えたかった点はあります(笑)

以上、参考にして頂ければ幸いです