〒699-1232 島根県雲南市大東町仁和寺183-4
(加茂郵便局から玉造方面に2km)

営業日・営業時間
営業時間:9:00~20:00
営業日:月、水、金、(日)
(その他は松江店にて営業)
予約優先・駐車場有

自立神経症状

雲南市 自律神経

自立神経失調症とは

自律神経

自律神経失調症を簡単に言うと、交感神経と副交感神経とのバランスが乱れた状態で、病院の検査では、体の異常は特に見つからなかったが、気分的な不快症状が現れている状態を自立神経失調症と言います

通常、自律神経は交感神経と副交感神経とのバランスが取れて体の機能を守っています

また、自律神経はホルモンバランスや免疫機能とも関係しているため自律神経が乱れるとホルモンバランスの乱れや免疫機能も低下してきます

交感神経は体が緊張したり、活動したり、ストレスを感じたときに働き、副交感神経は、夜寝ているときとか休憩したりリラックスしたりするときに働きます
 

自立神経失調症の原因

自律神経失調症の主な原因として、ストレスと栄養状態が考えられます。

ストレスとしては、精神的ストレスだけでなく身体的ストレスも重要で、気温の変化などの環境要因や不規則な生活習慣や過労状態などがあります

自立神経失調症を改善させるには

病院での安定剤によって、症状を安定させるのが一般的な治療となっています

また、生活環境を変えてみるのも一つの治療法でもあります

整体の方から考えられる改善方法といたしまして、ストレスによる過緊張と、体液の循環不良を正しい状態に戻すお手伝いをいたします

ストレスによる過緊張

ストレスによって過緊張が続き、交感神経が刺激され慢性的に交感神経優位の状態が続き、副交感神経の働きが抑えられて不快症状が現れてきます

そこで、体の歪みを整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが調整されるのと、過緊張で筋肉が硬直しきっているのを緩和させてリラックス状態にして、副交感神経の働きを良くしていきます

体液の循環不良

ストレスが溜まり、頭蓋骨が硬化し動きが鈍くなると体液(脳脊髄液)の流れが悪くなります

体液は全身の神経伝達に影響を与えますので自律神経の機能が低下して不快症状の原因にもなっています

そこで、頭蓋骨の調整を行うことで、頭蓋骨の硬化も和らいできて頭蓋骨の動きも良くなり、脳脊髄液の分泌が促されます 

以上の2点に対してのアプローチが当院でできるサポートです

当院の施術が少しでも自律神経の乱れでお悩みのお手伝いになれたら幸いです